肩凝り、整体


整体


整体(せいたい)は、日本では一般的に手技を用いた民間療法代替医療(だいたいいりょう)を表す言葉です。
また体を整える治療法(ちりょうほう)について用いられる言葉です。
日本語としては大正時代に使われ始めた用語で米国(アメリカ)で体系づけられた療法・整骨医学を整体(せいたい)と言い換えたのが始まりだと思われます。
今、俗に使われる意味では、カイロプラクティックに似ている脊椎矯矯正療法(主に脊椎)を主目的とした手技療法を指して使用されることがおおい。
脊椎・骨盤・四肢(上肢・下肢)など、肉体全体の骨格や関節の歪みの調整、筋肉の調整などを、手を使った手技と矯正器具でおこなう治療及びそれらの方法を表してしるという意見もあるが統一された体系はない。
手技的治療により種々の症状を治すことを目的とする施術法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表といえるのがカイロプラクティック(背骨矯正療法)「オステオパシー」です。自然治癒力を活性化することと手技療法が治療の中心であるという似た部分があるが、セラピー哲学や着手の仕方は異なる。
どちらも19世紀に米国で体系づけられた施術法である。カイロプラクティック(背骨矯正術)は背骨の椎間関節の「サブラクセーション」(亜脱臼)を徒手療法で矯正「アジャストメント」することで、病気を治癒させようとする施術。オステオパシー (Osteopathy)は、体の構造のアンバランスは体循環に悪い作用を及ぼし、神経伝達や内分泌、血液の循環んを妨害すると考え、背骨だけでなくすべての筋繊維や骨格、内臓諸器官、頭蓋骨が手技療法の対象とします。
脳脊髄液の流れの回復やリンパ液の流れの改善も目的とされる。カイロプラクティック(脊椎矯正術)又はオステオパシーの理論・技術は、整体(せいたい)や指圧といった日本の徒手矯正に影響を与えました。

整体の治療


整体に決められたやり方はなく、やる人によって行う事は違います。大正の頃伝えられたオステオパシーやカイロプラクティック(脊椎矯正法)など欧米伝来の治療法を主とする整体(せいたい)、日本古来の武術の柔術(じゅうじゅつ)や骨法などの流派に伝承される手技を利用した整体(せいたい)、中国医学の徒手矯正を取り入れた整体、各団体の独特の施術法など加味した整体(せいたい)などある言われています。
民間療法で、医療制度から見れば補完代替医療の一つであるが、保険適用外であるので、通常医療と一緒に病院で補助療法として使用されることはない。法制度からは医業類似行為の一種とされます。「整体術」・「整体法(せいたいほう)」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも言われる。明治に現れた民間療法で、指圧、「カイロプラクティック」「オステオパシー」、光線療法、電気治療などの手段で病気改善の目的で業をなすことを「療術(りょうじゅつ)」と言いますが、整体(せいたい)もこの一つとされた 。
整体(せいたい)は理論・術が統一されていない為、整体(せいたい)を冠する療法家おのおのが、独自の説を展開しています。
カイロプラクティック(背骨矯正法)のような科学的・「物理的」方法と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で普通に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの理論の集合形となっています。
体の骨の関節(脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢・等)の歪み・ズレの調整と骨格筋のアンバランスの調整などを中心に手足を使った矯正(道具を使うことも)で行う施術です。


腰痛
腰痛

側弯症カイロプラクティック整体カイロ側弯側弯
疲労
骨盤
疲労
o脚カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

カイロプラクティック



カイロプラクティック


カイロプラクティック(脊椎矯正術)とは、1895年アメリカ(米国)のD.D.パーマー により生み出された療法
カイロプラクティックの名称の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた造語。
WHOでは補完代替医療として位置づけています。
発祥国の米国や、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国などの一部の国においては主に筋・骨格系の障害を扱う筋・骨格系健康管理の専門職として法制化されています。
世界保健機関(WHO)の定義は「筋肉、骨格の障害とそれが与える健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であります。

カイロプラクティックの治療


治療法は手によって行われる脊椎矯正あるいは脊椎マニピュレーションを特色として脊椎の少しの歪みに注目している」。
但しカイロプラクティック(脊椎指圧療法)の定義は、いろいろな団体教育機関で違っているケースも多い。
また、中には病気症状要因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な亜脱臼(サブラクセーション)だと考え、そしてその異常(サブラクセーション)を手技や矯正器具により調整することで痛み・痺れを治療するうことカイロプラクティック(脊椎矯正法)だと考えている方がいます。
例えば米国カイロプラクティック協会(en:American Chiropractic Association)が定義する「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 とは筋肉系、骨格系と神経系の疾病に専門化した施術法と定められている。
カイロプラクティック施術者は/手術療法は行わずに、独特の手による矯正法を治療の主な方法として検査と診断と施術をしている。
カイロプラクティック施術者は身体に関する広範囲の知識を有し、治療法に加え、理学療法やリハビリ、栄養/食事指導生活習慣指導も日常行っています。
カイロプラクティック(脊椎矯正術)の呼称は、ギリシャ語の Chiro「手技」と Prakticos(技)を組み合わせた造語です。
これは、上記のサブラクセーション(椎骨の亜脱臼)の調整のために「アジャスト」と呼ばれている手技療法を使用することにあります。
(WHO)世界保健機関 は、カイロプラクティック(脊椎矯正術)を代替医療として位置づけしています。
カイロプラクティック(背骨矯正術)は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) 以外にオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。
アメリカ治療家「パーマー」 が創られた。
病態神経障害から起きるという考えに基づいて、肉体、主に脊椎関節矯正によって神経の機能の回復をはかろうとする施術方法です。
19 世紀にアメリカで創られた神経機能障害に対する治療。
背骨(脊椎)の歪(亜脱臼)みを整え、神経機能を改善させ、組織や器官の不具合を治療する。
カイロプラクティック Chiropractic 筋肉系・骨格系の障害とそれらが及ぼす体への作用を判断、治療、予防をする専門家であり、骨格矯正もしくは背骨のマニピュレーション(調整)を含む徒手を特色とし、特に脊椎の小さな歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療方法です。
分かりやすく言えば・・・、骨の歪み、特に骨格(背骨)の不整列を手技や特殊な矯正ベッドによって改善することで神経の機能の作用を改善する治療方法です。
人の人体を主に制御するのは脳・脊髄繋がる神経であり、神経細胞の働きがよくなれば自ら身体は症状の軽減とともに健康的になるという訳です。
健康管理システムの中の背骨健康管理の専門家です。
神経系、骨格系の機能、健康全般そして生活の質を向上させる機能を備えている。
最近の研究および臨床に基づき、主に脊椎(背骨)と神経系の関りを重視しながら診断、検査、治療に専門的なアプローチを行う。
手技療法、運動療法患者の教育などを含みながら、特に椎骨アジャストメントをする教育を受けた専門家。
カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は、既往歴を聞き取り、姿勢チェックなど各種検査を行っていきます。
そして背骨のアンバランスを全体的に診断して治療の手法を組立て病態や個人差に応じた施術のカイロプラクティック・テクニックを利用します。

頭痛
骨盤
ぎっくり腰
側弯症カイロプラクティック整体カイロ片頭痛慢性疲労
背骨
側弯症
猫背
片頭痛カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア慢性の疲労姿勢の矯正猫背の矯正側弯症骨盤の矯正産後の骨盤矯正o脚の矯正x脚の矯正カイロプラクティック整体

頭痛、整体

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

整体


整体とは、日本では普通手技(しゅぎ)をもちいた民間療法(みんかんりょうほう)、代替医療を指す言葉です。
また体を整える施術(せじゅつ)の多くについて用いられる言葉。
日本語として、大正時代に使われ始めた言葉で、アメリカで体系づけられた療法・整骨医学を「整体」と言い換えたのが始まりのようである。
現在世間一般に使用される意味では、「カイロプラクティック」 (Chiropractic) に似ている骨格矯正法(主に背骨)を目的とした施術を指して使用されることが多い。
脊椎・骨盤・上肢・下肢など、からだ全体の骨格や関節の歪み・ズレの調整、筋肉の調整などを、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と矯正器具で行う技術及びその方法を表してしるという意見もあるが統一された体系は無い。
徒手的治療により多種多様の病態を治癒させることを目指す施術法はマニピュレーションと称されるが、この代表といえるのが「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 とオステオパシーです。治癒力を高めることと手技療法が施術の中心であるという共通部分があるが、セラピー哲学や着手の仕方は違います。
どちらも19世紀にアメリカ(米国)で体系づけられた療法(りょうほう)である。カイロプラクティック Chiropractic は背骨の椎間関節の「サブラクセーション」(不全脱臼)を徒手的手技により矯正アジャストし、体の不調を改善させようとする治療法。オステオパシー (Osteopathy)は身体の骨格のアンバランスは体循環に悪影響を及ぼし、神経伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を阻害すると考え、脊柱だけでなくすべての筋肉繊維や骨格構造、内臓諸器官、頭蓋骨が施術の対象とします。
脳髄液の流れの改善やリンパの流れの改善も目的とされています。カイロプラクティック(背骨矯正法)「オステオパシー」の論理・技法は整体(せいたい)や指圧などの日本の徒手矯正に大きな影響を与えました。

整体の治療


整体では決められた方法は無く、治療する人により施術する事は違います。大正の頃に日本に伝えられたオステオパシーや「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 などの西洋より伝来の治療法を中心とする整体(せいたい)、日本古来の格闘術の柔術(じゅうじゅつ)や骨法などの流派に伝承される手技を取り入れた整体、中国医学の徒手矯正を使った整体(せいたい)、団体の独特の施術法など加えた整体など存在するといわれています。
民間療法で、医療の制度から見て代替医療の一つであるが、保険の適応外であるので、通常医療と一緒に通常の医療現場で補助療法として利用されることはない。法制度からは医業類似行為の一つとされる。「整体術」・「整体法(せいたいほう)」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも言われる。明治末ごろから現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック Chiropractic オステオパシー (Osteopathy)、光療法、電気治療などの手段を用いて病気治療の目的で業となす行為を「療術」というが、整体(せいたい)もこの一つとされた 。
整体は、理論・技術が共通でない為、整体を冠する療法家個人が、独自の説を展開しています。
カイロプラクティック(脊椎矯正法)のような「科学的」・「物理的」手法と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で時々に使われる内臓体壁反射などの理論の合わせたものとなっている。
体全体の各関節(脊椎・骨盤・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・等)の歪み(ゆがみ)・ズレの調整と骨格筋のアンバランスの矯正など中心に手による矯正(道具を使用することも)でする施術である。

カイロプラクティック整体頭痛首の痛みx脚側弯カイロ整体頭痛片頭痛肩こり背中腰痛ギックリ腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚

頭痛、カイロプラクティック

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

カイロプラクティック


カイロプラクティック(背骨矯正術)は、1895年に米国のダニエル・デビッド・パーマーによって創始された手技療法です。
カイロプラクティックの呼称の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造られた言葉です。
世界保健機関(WHO)では補完代替医療として位置づけています。
発祥国の米国や、イギリス、カナダ、EU諸国などの一部の国(約40カ国)はおもに筋・骨格系の障害を取り扱う筋肉骨格系ヘルスケア専門職として法制化されています。
WHOの定義は「筋肉系・骨格系障害とそれがあたえる健康への影響を診断・治療・予防する専門職であります。

カイロプラクティックの施術


治療法は、手技によって行われる関節アジャストもしくは骨格マニピュレーションを特色として、特に背骨の少しの歪みに注目している」。
但しカイロプラクティック(背骨矯正法)の定義は、いろいろな団体や学校によって異なっている場合も多くみられます。
また、痛みの要因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な異常(サブラクセーション)にあると考え、その歪み(サブラクセーション)を手・矯正器具によって矯正することで痛み・痺れを治療するうことが「カイロプラクティック」だと考える人々がいます。
例えば米国カイロプラクティック協会(en:American Chiropractic Association)が定めるカイロプラクティック(脊椎指圧療法)とは、背骨と神経系の病気に特化した療法と定められている。
カイロプラクティック施術者は薬物治療・外科的手術はせず、独自の手技テクニックを治療方法の主な手段とし検査・診断と治療をしています。
カイロプラクターは身体に関する広範囲の知識を持ち、手技に加え、理学療法・リハビリ、栄養/食事指導や生活習慣の指導も行っています。
「カイロプラクティック」 Chiropractic の名称は、ギリシャ語の Chiro「手」と Prakticos(技)を合わせた造語になります。
このことは、前述の「サブラクセーション」(脊椎の歪み)の調整のためにアジャストと言われている手技療法を用いることに由来する。
世界保健機関では、カイロプラクティック(Chiropractic) を代替医療として位置づけています。
カイロプラクティック Chiropractic は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)の他にもオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。
米国(アメリカ)の治療師「D.D.パーマー 」(1845~1913) が創始した。
病気神経の障害によって発現するという理論に基づいて、身体、特に椎骨の関節の矯正により神経系の機能回復を目指した施術法です。
19 世紀末アメリカ(米国)で創られた神経機能に行う治療。
脊椎(背骨)の歪(ひず)みを矯正、神経の機能を整えさせ、組織や各器官の不調治療する
カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は骨格障害とそれらが及ぼす健康全般への影響を判断、治療、予防をするスペシャリストであり、骨格矯正もしくは背骨のマニピュレーション(矯正)を含めた徒手を特色として、特に椎骨の少しの歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療法です。
分かりやすく言えば・・・、ゆがみ、特に背骨の異常手や特殊な矯正ベッドによって矯正することで神経の作用を改善する施術方法。
すなわち人の身体を主にコントロールするのは脳と脊髄繋がっている神経系で、その神経の働きが良くなれば自然には痛み・シビレの回復とともに健康的になるという訳です。
健康管理・システムの中における骨格ヘルスケアの専門職
神経系・骨格系の機能や能力、健康そして生活の質を高める機能を有する。
最新の研究と臨床に基づき、特に脊椎(背骨)と神経系の関り合いを重視しながら治療、診断、検査に専門的な着手計画をします。
手技療法、体操療法、患者の教育などを含み、特に椎骨アジャストメントをする訓練を受けた専門家。
カイロプラクティック(背骨矯正法)は、既往歴を訊き、姿勢検査など各種の検査を行っていきます。
脊椎のアンバランスを総合的に診断して施術順序を構成して症状や体の特徴に適した治療のカイロ・テクニックを利用します。

カイロプラクティック整体片頭痛ぎっくり腰ヘルニア肩こりカイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

蛛エ蠑ッ逞・→繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

側弯症とカイロプラクティックの治療法


側弯症って何?


側弯症は、脊椎側弯症又は脊柱側弯症などといわれます。背骨は、理想的な状態であったら正面あるいは後面から観察すると脊椎はまっすぐにのびている。しかし、側方(横方向)に曲がったり脊椎が捻じれている事があり、これらを脊椎側弯症または側弯症言う。側弯症は、苦痛を伴うことはほとんど無いため発症早期の診断は困難で、ある程度大きくなってしまってから気がつく場合が多い。気付いた時には、大きく歪んでしまっていることもあり、成長期には時々背骨の曲がりをチェックして「側彎症」なっているかを確認することが必要なんです。

側弯症の原因は?


近頃では、側弯症を原因別に分類するようになっています。「側彎症」には下記のような分類がある。

特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)


特発性側彎症とは、原因の分かっていない側弯症の通称である。この特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)「側弯症」の80-85%を占めています。成長期に「側彎症」は発現し、その多くが思春期に発現することから小学校4年生から中学校3年生が特に注意が必要です。だいたい一対七の割合で女子に多く、そのうちでも初経前後の女性に多く発症し、細身の中学生でも発現しやすく、日常生活は関係ありません。脊椎の発育や成長が止まるまで歪み続ける傾向があることから、出現年齢が若く、残りの成長期が多いほど曲がりが大きくなる可能性が高く、一般的に、骨成長が成熟期に達すると背骨の歪みがが急に進行することは無くなる。

先天性側弯症


胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)などのような遺伝的または発育段階に生じた脊椎の異常によって発症します。

神経原性側弯症


脳(のう)や脊髄などの異常によって発症する。

筋原生側弯症


筋肉などのの異常により正常な姿勢を保持できないことで発症します。

外傷性側弯症(がいしょうせいそくわんしょう)


怪我をしたことによって発症する。事故などで身体に大きな力が加わったことが要因で脊椎が湾曲してしまうことがあります。骨折や捻挫、などそれらの後遺症によって脊椎が曲がり「側弯症」になっていきます。

姿勢による側弯症


生活習慣姿勢が悪いと側弯症になってしまうことがある。この「側弯症」は、脊椎の背骨の変形を伴うことは少ないようです。長い時間の歪んだ姿勢は脊椎や肋骨が変形することもありますが、特発性側弯症のような変形のしかたはしません。姿勢が原因で発生する「側弯症」は、整体の治療や生活の中の姿勢をいい姿勢でいることで治すことが可能になります。

身体に及ぼす影響


脊椎が歪む「側弯症」は、健康にいろいろな悪影響をあたえます。見た目上の問題、内臓機能への影響、腰痛や肩凝りみたいな痛みや不快な症状など。

容姿の問題


脊椎が横方向に彎曲するだけではなく、椎体自体がねじれながら曲がるためだんだん肋骨なども変形し、凸側の肋骨が背中側に張りだすと、女の場合は乳房が左右が不均等になり背中が突出するなど外見に影響が現れる。これらの身体や姿勢の変形により、劣等感や羞恥心など心に悪影響を与えることもあります。重度の側弯症は、その子の子供にも受け継がれるかもしれないと心配して婚姻の障害になる場合もあるみたいです。

身体への側弯症の影響


肺の圧迫と変形により起こる呼吸器障害・循環器障害など内臓面にも悪影響を及ぼす。症状が進むと凸側の肋骨の前後がつぶれたようになり肺、心臓など内臓を圧迫しさまざまな影響が出る。側弯症が70度を超えたときは肺活量が大きく減少し、90度を超えると肺や心臓の機能にも大きく影響し寿命が短くなるといわれている。

側弯症による痛みや凝り


腰椎は、肋骨がなくおもに靱帯と筋肉によって支えられる為、胸椎よりもかかる負荷が大きい。また椎間板への影響もあって、側弯症がが45度を超えると椎間板への負荷が不均等となり、椎間板(ついかんばん)の痛み、腰の痛みの要因になる。骨格の湾曲は、関節や骨格を支える靱帯・筋肉に負荷をかける為に、痛みや凝りの要因になるようです。急性の痛みや慢性の症状などさまざまな凝りや痛みの要因にになりますが、「側彎症」の初期や軽度の側弯症では、痛みや凝りが出現することは多くなく、ほとんどの場合痛みや凝りが出現するのは歪みが大きくなった重度の側弯症になってからのようです。

側弯症の検査


日本では、乳幼児や学校の検診で脊柱検査が行われており、1980年(昭和55年)頃よりモアレ検査による検診が普及し、早期の発見が可能になった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診(家庭で評価ののち学校医による視触診が実施され総合判定)が学校の検診の必須項目に加えられた。予防方法は分かってなくて早目に発見して保存療法を行うことに効果がるようです。非観血的治療には、整体やカイロプラクティックのような民間療法もあるようです。しかし、整体やカイロプラクティックなどの脊椎、骨盤の治療を専門とする治療法でも「側弯症」に有効な予防法や治療は発見されていない。

側弯症の治療方法


病院で行う側弯症の治療法は、装具などによる治療方法と手術をする治療法にわけられます。

装具による側弯症の治療


25度以上と診断されると、専用の装具などによる固定が行われることがおおいようです。コルセットのような装具で歪みが完全に完治することは無いが、コルセットは確実に側弯症の進行を遅くするため、手術するにしてもそのタイミングを遅らせる効果がある。しかし、コルセットなどの装具を付けての生活は不便を伴う為、コルセットなどの装具の装着を途中で辞めてしまう人達も数多く、現実には、その効果を感じる人は少ない。また長い間装着することが必要になるが、「側弯症」の進行が止まる時期、つまり成長が終わるまで着用する必要があって側弯症のコルセットでの治療法はすごく根気がいるものになる。

手術による治療


50度以上と判断されるとスクリューやロッドを挿入して脊椎を修正するする手術が行われますあ。この場合も完治することはない。外科の手術による「側弯症」の治療の後は、背骨の動く角度は減ってしまいます。また、「側弯症」の歪みに伴い、肋骨の変形があり肋骨の湾曲の度合いによっては、肋骨の切除が行われることもある。大きな手術になるため、体への負担を心配して手術をためらう方達もいます。

カイロプラクティックの側弯症の施術


脊椎・骨盤の矯正を主とするカイロプラクティックには「側彎症」の人達がたくさん診察に来ます。カイロプラクティックは古くから側弯症の治療を考えてきた歴史がある。しかしながら、いまだに全ての側弯症に特に有効な治療は見つかっていないみたいです。だが、一部の「側彎症」に限っては効果的で改善がみられる場合があります。気を付けた方がいいのは、「側弯症を簡単になおします」とか「側弯症専門治療院」など、あたかも側弯症が治る病気かのように宣伝す整体は、詐欺のような治療院かも!カイロプラクティックの施術で良くなる「側弯症」は、「側弯症」全ての一部のある条件が合った「側彎症」のみなんです。側弯症が改善するなどと簡単に言う整体院に行くのは考え直した方がいいかもしれません。そんなことも考えたうえであればカイロプラクティックの手技をを受けてみるのはいいと思います。
カイロ整体カイロプラクティック整体凝り、、頭痛片頭痛寝違え肩凝り背中肋間神経痛腰痛ぎっくり腰ヘルニア坐骨神経痛x脚姿勢の矯正猫背の矯正側彎o脚x脚メンテナンス背骨の矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤産後の骨盤慢性的な体調不良カイロカイロプラクティック

O脚矯正、カイロプラクティック

O脚矯正(」オーキャク矯正)


O脚矯正


日本人の脚の歪みの悩みで最も多いのがO脚なんですがこのO脚が日本人に特に多いことをご存じですか?女の方でO脚が気になっている人達は、たくさんいると思われますが今では男性もO脚疑って矯正を受けに来ることも多いと言われています。O脚のように曲がった脚は、外見が悪く脚が太く見えます。ミニスカートなど脚を出すことの多い女性にとっては、見た目の悪さが大きな問題になります。また見た目だけでなくO脚は、腰痛、肩凝り、便秘、脚のむくみ、生理痛、頭痛などの疾病の原因になっていることもあったりして、将来膝関節の変形をきたし膝を曲げられない、膝が腫れる痛みで歩けない、などの症状で苦労することになる。

O脚の原因は?


O脚の原因には先天的なものと、後天的な(後から身につける)ものが、ある。先天的なものは遺伝子により受け継がれたものです。後天性のものは生活習慣によって下半身の骨が歪んできてしまったものです。床に座る時の癖や歩き方の癖などで脚が歪んできます。特に成長期の骨格が大きく成長する期間の影響力は大きく、多くの場合、成長する時にO脚なっていきます。また、O脚は中年以降、骨や筋肉が弱くなってくると急に歪みが悪化してくることが多く、これは膝関節が歳をとると共に変形するのが要因になっています。

O脚って真っ直ぐになるの?


以前は、O脚の原因は分かっておらず一度O脚になってしまったら真っ直ぐになれないと思われていましたが、今では、O脚のほとんどは真っ直ぐに近づけることができることが知られるようになりました。湾曲してしまった骨格は真っ直ぐに伸ばすことはできないのですが、骨盤、股関節、膝関節などの骨格を調整することによってO脚を真っ直ぐに近付けるように調整することが可能です。O脚でお悩みでしたら、一回O脚矯正受診してみるのもいいかもしれません。

カイロプラクティックとO脚矯正


O脚の治療法で最も効果があるのがカイロプラクティックです。カイロプラクティックは骨格を修正する治療法で、当然脚の調整のプロでもあります。カイロプラクティックで行うO脚矯正では、骨盤、股関節、膝関節、足首の関節などを色々な方法で調整することで曲がった脚を真っ直ぐに調整していきます。O脚の状況によっては機械を使用することもあるのですが、基本的に手技療法によって修正します。整カイロプラクティックO脚矯正は、一回目から効果が出る事が多く、有効なのが分かります。ただ、カイロプラクティックのO脚矯正といってもカイロプラクティックごとに矯正法が違い、とこの治療院でも同じような矯正が受けられる訳ではないのです。カイロプラクティックは手技療法です。カイロプラクティック師の力量に大きな差があるからです。しっかり調べてから行ってもるのがいいと思います。O脚矯正をしているカイロプラクティック院でもホームページに治したO脚の画像を掲載していないエステなどとかは行くのを考えた方がいいかもしれません。O脚の矯正の実績が無いカイロプラクティック治療院かも…。あと危険なのが、最初から高額な回数券すすめたり、カードローンをすすめてくる所も考えた方がいいかも。初めの数回はようすを見る為に回数券やローンを組まずにした方がいいですね。

O脚を改善しよう


O脚は高齢になると脚腰の痛みだけではなく体全体に影響を及ぼす。改善するなら若いうちに治療しないとO脚の矯正が難しくなります。カイロプラクティックの矯正法で治るといっても、股関節や膝などの変形が進行してからではどうにもできません。O脚に気づいたらなるべく早く(できれば10代のうちに)治療することをおススメします。カイロプラクティックが有効と言っても限界があるので、矯正できなくなってからでは遅いのです。O脚を治したいのであれば一回カイロプラクティックにいってみることをおススメします。

整体カイロ整体カイロプラクティック痺れ、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛o脚姿勢矯正猫背矯正側弯症o脚矯正x脚矯正体のメンテナンス背骨矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正慢性の体調不良整体カイロ

繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縲∬・逞帶隼蝟・ 繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ィ閻ー逞帶隼蝟・ 閻ー逞帙・豐サ逋よウ・ 閻ー逞帙・豐サ逋よウ輔€√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

腰痛を治す整体の矯正


腰痛を改善する整体


腰痛とは、腰の痛みや炎症などを発することを言います。ほとんどの「腰痛」は、たいてい傷めてから数週間以内に症状が消失します。しかし大多数の腰痛は、傷めることを何回も繰り返しそのうちの何%かは活動に重大な支障をもたらす重大な状態になってしまいます。腰痛は大まかに分けて急性の腰痛と慢性の腰痛に分けることができます。急性の腰痛は、いきなり痛くなるような「ギックリ腰」を含めて痛みが出てからあんまり時間の経ってない腰痛です。慢性の腰痛は、長期間痛みなどの不快な状態が腰部に続く「腰痛」で、痛みなどの症状の軽減と発症を何度も繰り返しながら長い間継続する場合もあります。一生で80パーセント以上の人が一度は腰痛を体験すると
いわれています。

腰痛の種類


「腰痛」は急性腰痛と慢性腰痛という痛みが出てからの日数で分けられるだけではなく、当然のこと症状によっても分けられる。症状による腰痛の種類には、急性腰痛症,腰部椎間板症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、腫瘍(ガン)、心因性腰痛、などあります。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)みたいな「腰痛」は、高齢者には普通にある「腰痛」で、レントゲンやMRIなどするとおおくのばあい高齢の人に認められますが、これらの病変は高齢者の「腰痛」の原因では無いという話もあります。これは、手術などによってこれらの要因を取り除いても、腰痛が消失しないことが多い為です。緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は筋肉や筋膜に過剰な負荷が掛かることで、筋肉などが、収縮することで引き起こされる腰痛になります。慢性の腰痛は腰痛が3ヶ月以上継続する場合の腰痛です。要因がさだかでない「腰痛」もたくさんあり不安やストレスが要因の精神的な腰痛ではないかとも言われている。急性の腰痛をこじらせて慢性の腰痛になることもあるのです。

その他の腰痛


腰痛は、大変な病が隠れている事もあり、緊急性があり、死ぬ可能性の高い疾患もあります。緊急性があり死亡率のとても高い「腰痛」の要因に大動脈解離腹部大動脈瘤、急性膵炎、腎梗塞、などがあげられます。特に注意しなければならない「腰痛」は脊椎感染症悪性腫瘍腹部感染症、などがある。「腰痛」の原因になるこのような疾病に対しては、要因である病気を治療しないかぎり腰痛が改善することはありません。腰痛症状の他にも症状がある場合は、腰痛以外の病変があるかどうか調べてみることが必要になります。たんなる腰痛と油断していると、命取りにもなりかねません。腰痛の中には生命に係る恐い「腰痛」もあることを分かっておくといいでしょう。

非特異的腰痛を来たしやすい原因


精神的要因(ストレス、不安など)、肥満、妊娠、腰い負担おかかる職業、運動不足、年齢、など。精神的要因による腰痛は、要因が解らない腰痛などにたいして時々用いられます。しかし、レントゲンやMRIなどに要因が写らなかったからといって精神的な原因だというのは違っています。レントゲンやMRIに全部の原因が写ることはなく、逆にMRIやレントゲンに写し出すことのできない原因の方がずっとおおいことからも心因性の腰痛だと診断されたからと言って肉体的な原因が無いと楽観視することはできません。

カイロプラクティックと腰痛の治療


「腰痛」の治療方法は色々な治療が使われる。これは「腰痛」の原因が色々あるということだけでなく、決定的な治療法がないことです。一般に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使用する治療法と、姿勢の改善、ストレッチや筋力トレーニング、などの運動療法。テーピングやコルセット。電気治療や温熱療法。マッサージや鍼治療。いろいろな方法が腰痛治療で用いられますが、中でも最高に効果的だと言われているのが、「カイロプラクティック」などの骨格矯正なんです。「カイロプラクティック」は、背骨や骨盤など骨を調整することで腰痛を治療します。骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の大きな原因になる。「カイロプラクティック」「腰痛」の要因になる背骨や骨盤を治します。

カイロプラクティックの腰痛の矯正


カイロプラクティック腰痛治療は、ふつうボキボキ音を鳴らすのを想像する方達が多いのではないでしょうか?基本的には急性腰痛には、このようなボキッてする矯正を「カイロプラクティック」で行うことはありません。また、急性の腰痛に対してボキボキするような矯正をする「カイロプラクティック」は注意した方がいいかもしれません。急性の腰痛(ぎっくり腰)に対して「カイロプラクティック」は、ボキボキしない治療方法で背骨骨盤の調整を行います。カイロプラクティックにもソフトな矯正方法があるのです。慢性腰痛にには、カイロプラクティックの矯正にもよるがボキッっとする矯正をする場合もあります。カイロプラクティックは、ボキッっとする方法やボキボキしない治療法に関わらず背骨や骨盤を矯正するためとっても効果が高いので、「腰痛」で困っているなら一回「カイロプラクティック」の治療を試してみることをおススメします。
カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア慢性の疲労姿勢の矯正猫背の矯正側弯症骨盤の矯正産後の骨盤矯正o脚の矯正x脚の矯正カイロプラクティック整体

謨エ菴薙€∬ш讀主・蠑ッ逞・・遏ッ豁」

側弯症と整体の治療


側弯症(そくわんしょう)ってなに?


「側彎症」は、脊椎側弯症又は脊柱側弯症のように言われます。脊椎は理想的な状態であったならば前面あるいは後面から見ると脊椎は真っ直ぐ伸びている。しかし、横方向に曲がったり背骨が捻じれていることがあり、このような脊椎を脊椎側弯症または側弯症いう。側弯症は苦痛を伴うことはあまりないため発症初期における診断は困難で、ある程度成長してしまってから気付くことが多い。気づいた時には、すでに大きく歪んできている事もあり、成長が続いているときは時々脊椎の歪みを調べて「側彎症」になっていないかを確認することが必要なんです。

側弯症の原因?


近頃では、側弯症を原因別に分類するようになっています。「側彎症」には、下記のような種類があります。

特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)


特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)とは、原因の分からない「側彎症」の総称です。この特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)が「側弯症」の80-85%を占めている。成長期に側弯症は発現し、そのおおくが思春期に発症することから小学校4年生から中学3年生くらいまでの間が特に注意が必要とされる。おおよそ一対七の割合で女に多くそのうちでも初経前後の女性に多く発症し、細身の中学生でも発症しやすく、生活習慣は関係無いようです。身体の発育や成長がしなくなるまで曲がり続ける傾向があることから、発現年齢が若く、残りの成長する時間が多いほど進行する可能性が高く、一般に骨成長が成熟期に達すると背骨の歪みがが早く進行することは無くなるようです。

先天性側弯症


胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)などの遺伝的または発育段階に生じた脊椎の異常によって発症する。

神経原性側弯症(しんけいげんせいそくわんしょう)


脳(のう)や脊髄などの異常によって発症する。

筋原生側弯症


筋肉の異常により理想的な姿勢を保持することができないことで発症します。

外傷性側弯症


ケガをしたために発症する。交通事故など体に大きな力が加えられたことが要因で脊椎が曲がってしまうことがあります。捻挫や骨折、などそれらの後遺症などによって背骨が湾曲し「側弯症」になっていきます。

姿勢が原因になる側弯症


毎日の姿勢で姿勢が悪いと「側弯症」になることがあります。この側弯症は、背骨の変形をともなうことは少数みたいです。長い時間の良くない姿勢は、肋骨や背骨が変形させていく場合もありますが、特発性側弯症のような変形はしません。姿勢が要因で起こる「側彎症」は、整体の矯正や姿勢を正すことで治すことが可能になります。

側弯症が身体に及ぼす影響


脊椎が大きく曲がる「側彎症」は、身体に様々な影響を与えます見た目上の問題、身体機能への影響、肩こりや腰痛などの不快な症状や痛みなど…。

外見


脊椎が側方に歪むだけじゃなく、背骨自体が捻じれながら左右に歪むためやがて肋骨も変形し、凸側の肋骨が後ろに張りだすと、女性の場合は乳房が左右が不均等になり背中が出っ張るなど外見に影響する。これらの脊椎や姿勢の変形により、劣等感や羞恥心など精神に影響を与える事もあります。ひどい「側弯症」は、子供に遺伝するかもしれないと疑い結婚の妨げになることもある。

体への側弯症の影響


胸部の圧迫と変形による呼吸器障害・循環器障害など内臓器官にも影響を及ぼします。側弯症が進むと凸側の肋骨の前後幅がつぶれるように変形し、肺、心臓などの臓器を圧迫しさまざまな悪影響が出る。側弯症が70度を超えたときは肺活量が大きく減り90度を超えると肺や心臓の機能にも大きく影響し平均余命が短くなるといわれる。

凝りや痛み


腰椎は、肋骨がなく、筋肉と靭帯により支えられる為、胸椎よりもかかる負担が大きい。また椎間板への影響もあって、側弯症がが45度を超えると椎間板への負荷が左右不均等となり椎間板の痛み、腰の痛みの原因になる。背骨の曲がりは、関節や骨格を支える筋肉・靱帯に負担をかけるために、痛みや凝りの要因になる。急性の症状や慢性の症状など色々な痛みや凝りの原因なるのですが、側弯症のなりはじめや軽度の「側弯症」では、痛みや凝りが出ることは数少なく、多くの場合凝りや痛みが出現するのは曲がりがひどくなったひどい「側彎症」になってからなんです。

側弯症の健康診断


日本では、乳幼児や学校の検診で脊柱検査が行われていて1980年(昭和55年)頃よりモアレ検査による検診が普及し、早期発見ができるようになった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診が学校健診の必須項目に加えられた。予防の方法は確立されていなくて早目に発見して非観血的治療を行うことに利点がある。保存的治療には、カイロプラクティックや整体のような手技療法もあるようです。しかし、カイロプラクティックや整体などの脊椎、骨盤の治療を専門とする治療法でも側弯症に特に有効な予防の方法や治療の方法は確立されていない。

側弯症の治療方法


一般医療でされる側弯症の治療は、コルセットによる治療方法と手術による治療に分けられます。

装具による側弯症の治療


25度以上と診断されてしまうと専用の装具などによる固定療法がおこなわれることが多いようです。装具で歪みが消えることはありませんが、コルセットは確実に悪化を遅らせる為、手術となったとしてもその時期を遅らせる効果がある。しかし、コルセットを付けての日常生活は不便を伴う為、コルセットの着用を辞めてしまう方達も多く、実際には、効果を感じる方は少数です。また長期装着することが重要であるが「側弯症」の進行が終わる時期、つまり成長期が止まるまで着用する必要があり、側弯症の装具での治療はとても根気が必要なものになります。

手術による治療法


50度以上と認定されるとスクリューやロッドを挿入し脊椎を矯正するする外科手術が行われる。このような場合も完全に治ることはない。外科手術による側弯症の治療の後は、脊椎の可動域は減ります。また、側弯症の歪みに伴い、肋骨の歪みがあり、その肋骨の湾曲の度合いによっては、肋骨の切除が行われることもあります。大がかりな手術になるため、体への影響を心配し外科手術をためらう方達もいます。

整体による治し方


背骨の矯正を専門とする整体「側弯症」の方がたくさん診察に来ます。整体は古くから側弯症の施術を経験してきた歴史があります。しかし、今現在全ての側弯症に特に有効な治療方法は確立されていないのが現実です。だが、一部の「側彎症」に限ってはすごく効果的で大きな改善が見られる場合があるようです。注意したほうがいいのは、「「側弯症」を治します」とか「側湾症専門」など、まるで側弯症が簡単に治る病気のように宣伝す整体は詐欺みたいな治療院かもしれません。整体の調整で改善する「側彎症」は、側弯症全体の一部のある条件が整った側弯症のみです。側弯症が治るなどと簡単に言う整体に行くのは考えた方がいいかもしれません。そのようなことも考えたうえであれば整体の施術をを受けてみるのは良いことだと思います。

整体カイロ整体カイロプラクティック痺れ、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛o脚姿勢矯正猫背矯正側弯症o脚矯正x脚矯正体のメンテナンス背骨矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正慢性の体調不良整体カイロ

O脚、整体院

O脚矯正(」オーキャク矯正)


O脚の矯正


女性の脚の歪みの悩みで凄く多いのがO脚ですが、このO脚が日本の人に多いことを知ってますか?女性でO脚を気にしている方達は多いと思うのですが、最近では男性もO脚疑って施術を受けることも多いみたいです。O脚のように曲がった脚は、外見が悪いだけでなく脚が太って見えます。ミニスカートなど脚を露出することの多い方には、外見の悪さが大問題になってしまいます。また見た目だけでなく、O脚は、腰痛、肩凝り、便秘、脚のむくみ、生理痛、頭痛のような病気の原因になっていることもあって、将来膝関節の変形をきたし膝が曲がらない、膝関節が腫れる関節の痛みで歩けない、みたいな症状で悩まされることになるかもしれません。

O脚の原因?


O脚の要因には先天性なものと、後天的な(後から身につける)ものが、ある。先天性のものは、遺伝により受けるがれたものです。後天的なものは、習慣などで脚の関節がじょじょに歪んでしまったものです。イスや床に座る時の癖や歩く時の癖などで脚が歪みます。成長期の骨が大きく伸びる期間の影響は大きく、だいたいの場合、成長する時にO脚になります。また、O脚は、高齢になって筋肉や骨が弱くなると急に膝の歪みが悪くなる事が多く、膝が年齢と共にだんだん変形するのが原因になります。

O脚って改善できるの?


昔は、O脚の原因は不明で一度O脚になったら治らないと言われていましたが、最近では、O脚の大部分は改善することが分かってきました。曲がってしまった骨格は真っ直ぐにすることはできませんが、股関節、膝関節、骨盤などの骨格を調整することによってO脚を真っ直ぐに近づけるように調整することができるのです。O脚で悩んでいるのでしたら一度O脚矯正をしてみのもいいと思います。

O脚矯正と整体


O脚の矯正法で有効なのが整体なんです。整体は、脊椎と骨盤を修正する民間療法でもちろん脚の治療のプロでもあります。整体のO脚矯正は、股関節、骨盤膝関節、足首の関節などを様々な方法で治療することによって曲がった脚を真っ直ぐに近づけていきます。O脚の状況によっては機械を用いることもあるのですが、だいたい手技療法によって調整していきます。整体O脚矯正は、一度目から変化が出る場合が多く、とても効果的なのが分かります。ただし、整体のO脚矯正といっても治療院ごとに調整方法が違い、どこに行っても同じような矯正ができる訳ではない。整体は技術職です。整体師の力量に差があるのです。ちゃんと調べてから行くのがいいでしょう。O脚矯正をおこなっている治療院でもホームページなどに治療したO脚の写真を掲載していない整体院などは行くのを一度考えた方がいいかもしれません。O脚の矯正の実績がまったくない整体かも…。危険なのが初めから回数券をススメてきたり、カードローンをすすめてくる所も考えなおした方がいいかもしれませんね。最初の何回かは様子を見る為に、回数券やローンを組まずにした方がいいですね。

O脚を改善しよう


O脚は将来膝の痛みだけじゃなく全身に悪影響を及ぼす。治療するにしても早く(若いうちに)矯正しないとO脚の治療自体ができなくなります。整体の治療方法で改善できると言っても、膝関節や股関節などの変形が進行してからではなにもできません。O脚に気が付いたら、早急に治療することをおススメします。整体が効果的といっても限界があるので、矯正できなくなってからでは遅すぎます。O脚を気にしているのであれば、一回整体に通ってみることをおすすめします。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック

閻ー逞帙・豐サ縺玲婿縲∵紛菴・ 閻ー逞帙・豐サ縺玲婿繧呈紛菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帙・豐サ縺玲婿

腰痛を治す整体の治療


腰痛と整体


腰痛」は腰の炎症や痛みを発する状況を指します。多くの「腰痛」は、たいてい発現から数週間以内に治ります。しかし、大多数の腰痛は、痛みを何回も繰り返しそのうちの何割かは運動に重大な支障をきたす重大な状況になってしまいます。「腰痛」は大まかに分けて急性の腰痛と慢性の腰痛に分けられます。急性の腰痛は突如痛くなる、「ぎっくり腰」を含めて症状がでてたいして時が経ってないものです。慢性腰痛は、長期間痛みや不快な状態が腰につづく「腰痛」で痛みの消失と発病を何度も繰り返しながら長い期間継続する場合もある。一生で80%くらいの人が、一度は、「腰痛」を体験するといわれている。

腰痛の分け方


腰痛は急性腰痛と慢性腰痛という発現してからの日数で分けられるだけではなく、もちろんのこと要因によっても分類される。原因による「腰痛」の分類には、急性腰痛症,腰部椎間板ヘルニア、腰部椎間板症変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、心因性腰痛、腫瘍(癌)、などがあります。腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症みたいな腰痛は、高齢の人にはありふれた「腰痛」でレントゲンやMRIなどすると、おおくのばあい高齢の方達に見られますが、これらは高齢の方達の「腰痛」の要因ではないという話もあるようです。これは、手術によって腰痛の病変を取り除いても、「腰痛」が改善しないことがおおいためである。緊張性腰痛(筋筋膜性腰痛)は筋肉などに過剰な負荷が加えられることによって筋肉や筋膜が緊張することで発症する腰痛です。慢性の腰痛は、腰痛が3ヶ月以上持続する場合の「腰痛」です。要因がはっきりしない「腰痛」もおおく、ストレスや不安などが原因の心理的な腰痛ではないかと考えられる。急性の腰痛を悪化させて慢性腰痛になることもあります。

その他の腰痛


「腰痛」には、とても危険な疾病が隠れていることもあり緊急性が高く死亡率のとても高い疾患もあります。緊急性が高く致死性の高い「腰痛」の要因に大動脈解離、腹部大動脈瘤、腎梗塞、急性膵炎、などあります。とくに注意を要する「腰痛」は腹部感染症脊椎感染症悪性腫瘍、などがあります。「腰痛」の原因になるこのような疾病に関しては、原因である病気を取り除かないかぎり「腰痛」が治ることはありません。「腰痛」の他にも症状がある方達は、腰痛以外の病変が潜んでいないか調べてみることが重要になります。ただの「腰痛」だと思っていると命取りにもなりかねません。「腰痛」の種類によっては命取りになる怖い「腰痛」もあるということを知っておきましょう。

非特異的腰痛の要因


精神的要因(不安、ストレス)、肥満、妊娠、運動不足、年齢、腰い負担おかかる職業、など。精神的要因による「腰痛」は、要因が解らない「腰痛」にたいしてよく使われますしかしMRIやレントゲンに原因らしいものが写らないといって精神的な要因と言うのは違います。MRIやレントゲンにすべての原因が写し出されることはなく、逆にMRIやレントゲンに写し出されない原因の方がはるかにおおいことからも心因性腰痛だと診断されたからといって肉体的な要因が無いと楽観視することはできません。

腰痛の治療と整体


「腰痛」の治療はさまざまな方法が使われます。これは「腰痛」の要因がいろいろあるということだけでなく、決定的な治療法が無いことです。一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬物を使用する治療法と、姿勢の改善、ストレッチや筋力トレーニング、などの運動療法。テーピングやコルセット。温熱療法や電気治療。マッサージや鍼治療。色ろな方法が腰痛治療で使われますが、中でもとても効き目があると言われるのが「整体」などの骨格矯正なんです。整体は、脊椎や骨盤など体のバランスを改善することにより「腰痛」を治します。骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の主な原因になります。「整体」は「腰痛」の原因になる脊椎や骨盤を調整します。

腰痛の整体の施術


整体の腰痛治療は、一般的にボキッと骨を矯正するのを想像する方がほとんどではないでしょうか?基本的には、「ぎっくり腰」のような急性の腰痛などには、そのようなボキッっとする矯正を整体ですることはありません。また、急性腰痛に対してぼきぼきするような治療をする「整体」には気を付けた方がいいかもしれません。急性腰痛(ぎっくり腰)にたいして「整体」はボキボキしない治療法で脊椎や骨盤の修正をします。整体にもソフトな治療方法が用いられます。慢性の腰痛にには、「整体」の治療法にもよりますがボキボキする修正をすることもある。「整体」は、ボキッってするやり方やボキッっとする施術法に関係なく脊椎や骨盤を治療するためすごく効果が高いので「腰痛」で困っているのでしたら一回「整体」の修正を受けてみることをおすすめします。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ