閼頑、主・蠑ッ逞・・遏ッ豁」

側弯症と整体の施術


側弯症(そくわんしょう)とは?


「側彎症」は脊椎側弯症又は脊柱側弯症のように言われます。背骨は、正しい状態であったならば正面あるいは背面から見ると背骨はまっすぐのびています。しかし、側方に曲がったり脊椎がねじれている事があり、これらを脊椎側弯症または側弯症を呼びます。「側彎症」は苦痛を伴うことは稀なため発症初期における発見はすごく難しく、ある程度成長してから気付く場合が多いようです。気づいた時には、すでに大きく歪んでしまっている事もあり、成長が続いているときは時々背骨の曲がりをチェックして「側弯症」になっていないかを確認することが必要のようです。

側弯症の原因


最近では、側弯症を原因別に分類するようになってきています。側弯症には、下記のような種類がある。

特発性側彎症


特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)とは、原因の分からない側弯症の通称である。この特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)「側弯症」の80-85%をしめています。成長するときに「側彎症」は発現し、その多くが思春期に発症することから小学4年生くらいから中学3年生くらいまでの間がとくに注意が必要とされます。おおよそ一対七の割合で女性に多くとくに初経前後の女子に多く出現し、細身の中学生でも出現しやすく、日常生活は関係ないようです。脊椎の発育や成長がしなくなるまで曲がり続ける傾向があることから、発現年齢が若く、残りの成長期が多いほど曲がりが大きくなる可能性が高く、一般的に、骨成長が成熟期になると背骨の曲がりがが早くひどくなることはなくなります。

胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)


胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)などの先天的または発育段階に生じた脊椎の異常によって発現する。

神経原性側弯症


脳や脊髄(せきずい)などの異常によって発現する。

筋原生側弯症(きんげんせいそくわんしょう)


筋肉の異常により理想的な姿勢を保持することのできないことによって発現する。

外傷性側弯症(がいしょうせいそくわんしょう)


外傷を負ったために発現します。交通事故などで背骨に大きな力が加えられたことが要因で脊椎が湾曲してしまうことがあります。捻挫や骨折、などそれらの後遺症などによって脊椎が曲がり「側彎症」に発展します。

姿勢からくる側弯症


生活習慣姿勢が悪いと側弯症になってしまうことがあるのです。この「側弯症」は脊椎の骨の変形をともなうことは少ない。長期間に渡る良くない姿勢では肋骨や背骨が変形する事もありますが、特発性側弯症のような変形の仕方はしないようです。姿勢が要因で出現する側弯症は、整体の調整や生活の中の姿勢を正していることで治すことが可能です。

身体に及ぼす影響


背骨が大きく歪む側弯症は、全身に多種多様な悪影響をあたえます。外見上の問題、運動機能への影響、肩こりや腰痛などの不快な症状や痛みなど…。

容姿


脊椎が左右に彎曲するだけではなく、背骨自体がねじれながら左右に歪むためだんだん肋骨なども変形してきて凸側の肋骨が背面に張りだすと、女の場合は乳房が不均等になり背中が突出するなど見た目に影響が出てくる。それらの身体や姿勢の変形により、劣等感や羞恥心など精神的に悪影響を与えることもあるようです。ひどい側弯症の場合には、その子の子供にも遺伝するかもしれないと考え婚姻の障害になることもあります。

身体への側弯症の影響


胸部の圧迫と変形による循環器障害・呼吸器障害など内臓面にも影響を及ぼします。進行すると凸側の肋骨の前後がつぶれたようになり肺、心臓など臓器を圧迫することで影響が出る。側弯症がが70度を超えたときは肺活量が極度に減少し、90度を超えると心臓や肺の機能にも大きく影響し寿命が短くなると言われる。

側湾による凝りや痛み


腰椎は、肋骨がなく主に筋肉と靭帯により支えられているため、胸椎(きょうつい)よりもかかる負荷が大きい。また、椎間板への影響もあり、側湾が45度を超えると椎間板への負担が不均等となり、椎間板の痛み、腰痛の原因となる。脊椎の曲がりは、関節や骨格を支える筋肉・靱帯に大きな負荷をかけるために、凝りや痛みの要因になる。急性の症状や慢性の痛みなどのさまざまな痛みや凝りの要因にになりますが、側弯症のなり初めや軽い「側弯症」では凝りや痛みが出現することは少なく、だいたいの場合痛みや凝りが出現するのは湾曲が悪化したひどい側弯症になってからなんです。

側弯症の健康診断


日本は、乳幼児や学校の検診で脊柱検査がおこなわれていて1980年(昭和55年)頃よりモアレによる検診が普及して、早期発見が可能になった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診(家庭で評価ののち学校医による視触診が実施され総合判定)が学校の検診の必須項目に加えられました。予防の方法は分かっておらず早期の発見に非観血的治療を行うことに利点があるようです。非観血的治療には、整体やカイロプラクティックなどの民間療法もあります。しかし、カイロプラクティックや整体などの背骨の治療を専門とする治療法でも「側彎症」にとても有効な予防法や治療は発見されていません。

側弯症の治療法


病院で行う「側彎症」の治療法は、コルセットなどによる治療方法と手術をする治療法に分けられます。

装具による側弯症の治療


25度以上と診断されると、専用の装具などによる固定療法がおこなわれることがおおいようです。装具で湾曲が完全に完治することはないが、コルセットなどの装具は多少は側弯症が進むのを遅らせるため、手術になってもそのタイミングを遅らせることが期待できる。しかしながら、コルセットを付けての日常の生活は不便を伴う為、コルセットの装着をやめてしまう人も数多く、実際には、その効果を感じる方達はごく少数です。また長期装着することが必要であるが、側弯症の進行が止まる時期、つまり成長期が終わるまで着用する必要があって「側彎症」の装具での治療方法はとても根気が必要なものになる。

手術による治療法


50度以上と認定されるとロッドやスクリューを挿入し背骨を矯正する外科手術が行われますあ。この場合も完治することはない。手術による側弯症の治療の後は、背骨の稼働できる範囲は減ります。また、側弯症の湾曲に伴い、肋骨の変形があり肋骨の曲がりの度合いによってよっては、肋骨の切除が行われることもあるようです。大変な手術になるため、身体への負担を心配し手術をためらう方もいらっしゃいます。

整体による治療


背骨・骨盤の矯正を主とする整体には「側弯症」の方がたくさん来られます。整体では昔から側弯症の治療を考えてきた歴史がある。しかしながら、今現在全ての側弯症に効果的な治療は発見されていません。だが、一部の「側弯症」に対してはとても効果的で大きな改善が見られる場合があるようです。気を付けた方がいいのは、「「側彎症」を治します」とか「側湾専門」などと、あたかも側弯症が治る病気かのように広告する整体は、詐欺まがいの整体院かもしれません。整体の治療法で良くなる側弯症は、「側弯症」全体の一部のある条件がそろった側弯症のみです。側弯症が完治するなどと簡単に言う治療院に行くのは考えた方がいいかもしれません。そのようなことも考慮した上であれば、整体の矯正をを受けてみるのはいいと思います。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア慢性の疲労姿勢の矯正猫背の矯正側弯症骨盤の矯正産後の骨盤矯正o脚の矯正x脚の矯正カイロプラクティック整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です